FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2010.04.10 (Sat)

これが「アスパラガス・セルバチコ」の真髄

加熱してわかる味。

畑の「アスパラガス・セルバチコ」も暖かさと共に無事に成長してきています。

RIMG2920.jpg

前回、味見として採りたてを生で食べてみて「甘い」という第一印象が強かったので、
次は加熱しての味見です。

軽く焦げ目が付くくらいに焼いて食べてみました。

RIMG2937.jpg

生で食べた甘さとは逆に、口の中に広がる何とも言えない苦味を感じます。
決して嫌な苦味ではなく、この味にはまってしまうような苦味なのです。

ルッコラの原種「セルバチコ」も苦味が強く、香りも強いのを思い出しました。

「セルバチコ」。野生種。

「アスパラガス・セルバチコ」。これが野生の味なのか!

そう言えば、種の説明書にこんな事が書いてありました。

「野性味たっぷりの春の山菜といった感じです。」
「シェフやフーディーズの間でひっぱりだこ、野生味たっぷりの香りのする
アスパラガスです。」


まさにその通り。

次に焼いた「アスパラガス・セルバチコ」を塩とオリーブオイルの2つの味でお試し。

塩もおいしいですが、オリーブオイルとの相性が抜群です!

他の具材と合わせてはいませんので、まだ真の使い方はわかりませんが、
今のところ、焼いてオリーブオイルがおいしいアスパラのようです。

「アスパラガス・セルバチコ」の収穫が本番になったらいろいろと試していこうと思っています。

今言えること、「今まで食べたアスパラとは全くの別物」ということです。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



残念な事に、イタリアでアスパラを食べてこなかったのです。
イタリアのアスパラの味を確認したいです。

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

22:46  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.03.21 (Sun)

これが「アスパラガス・セルバチコ」

いよいよ!!

ニョキニョキと眠りから覚めた「アスパラガス・セルバチコ」
植え付けてある30株のうち、10株が目覚めています。

そして、1本だけ伸びたアスパラ。

100321_140942.jpg

長さ25cmほど。

この1本のアスパラが「食べてみない?」と語りかけているようです。

本当の収穫はもう少し成長してからになると思うのですが、
自然との戦いの野菜は今後何が起こるかわかりません。

虫にやられるかもしれない、それとも自然災害…

「ダメにならないうちに食べてしまえ!1年も待ったのだから!」

いよいよ味見の時がやってまいりました。

日本に100株。そのうちの30株が私。
残りの70株がどこにあるかわかりませんが、栽培している他の方が昨年フライングして食べたとは思えません。
日本で「アスパラガス・セルバチコ」を食べたことがある人は10人もいないかもしれません。
もしかすると、日本第1号の可能性も無きにしも非ず。


もしそうだったら、記念すべき1本となるかもしれない、と勝手な事を考えてスパッと収穫しました。

RIMG2805.jpg
採りたてのアスパラです。

RIMG2809.jpg
メタリック調に輝く綺麗な穂先。

採りたてのアスパラは生食できます。

他の野菜もそうなのですが、通常加熱して食べる野菜もまずは生で味見が私の定番。
そうすることによって、加熱した時の甘さなどが想像できます。

本当は、1本をガブリと行きたい所なのですが、みみっちぃというか、貧乏症というか、縦半分にし、
妻にも味見をしてもらいました。

何もつけずにそのままです。

RIMG2815.jpg

「甘い!」

これが第一印象です。

そして、みずみずしさ!

加熱はもったいない!

すごいぞ、「アスパラガス・セルバチコ」

生で十分なのですが、他のアスパラが成長したら加熱も試さなければなりません。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング





早く成長してくれ!「アスパラガス・セルバチコ」!

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:51  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2010.03.17 (Wed)

やったー!

久しぶりのご対面!

畑のアスパラゾーンです。

RIMG2779.jpg

腐葉土などをすき込んで冬を越したアスパラゾーン。
しばらく放っておいたら草が生えてきています…

「草取りしなければ!!」と自分に言い聞かせ、
久しぶりにじっくりと観察。

するとどうでしょう!

昨年植え付け、株を成長させるために収穫をしなかったアスパラが出てきているではないですか!

RIMG2780.jpg

30株あるうちの3株から顔を出しています。

少し不安があったアスパラですが、今年はいよいよ収穫にたどり着きそうです。

今ではとても貴重になってしまった「アスパラガスセルバチコ」 ← クリック!


いよいよ味見に一歩近づいてきました!



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



この顔をだしたばかりの若いやつが可愛いのです!!
指先で触りたくなります。
皆様に実物を見せたいくらいです。

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:10  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.02.19 (Fri)

2010年のアスパラガス・セルバチコ

緊急情報入手!

昨年購入して植え付けたアスパラガス・セルバチコ。

DVC00078_convert_20090210231640s_20100218234415.jpg

普通のアスパラとは違い、野生のアスパラに近いイタリアの品種で、
フランスの品種「アスパラガス・ソバージュ」とは別のものです。

植え付けてから、果たしてしっかりと育つか不安でしたが、千葉の畑でも無事に育つことを確認。
植え付け1年目ということで、1回も収穫をせず、味見もまだという未知のアスパラでもあります。
(植え付け1年目は株を大きくするために収穫を我慢しなければなりません。)

輸入元の会社は、お試しということで昨年100本の苗を入手し、そのうちの30本が私の所にあります。

そういう意味ではとても貴重なアスパラなのです。

あっという間に売り切れてしまった「アスパラガス・セルバチコ」。
昨年の実績をもとに、今年は大量な苗が入ってくる予定でした。

ところが、私の入った秘密の情報によると、
成田まで届いた苗が、検疫に引っかかってしまったとの事です。
苗に土が付いていたため、輸入ができないようなのです。

現在、そのやりとりを行っているようですが、この苗が日本に入らなければ、今年の入荷はゼロです。
入荷する可能性は極めて低い!

そうなると、新たな苗は来年の入荷。
来年植え付けた人たちの収穫は再来年。
私の収穫は今年。
収穫までに2年もの間が開いてしまうのです。

ある意味、私にとってはラッキーなことかもしれません。
何といっても、未だ日本に100株しかないアスパラです。

益々、貴重になるかもしれないアスパラとなってしまいました。

現在、畑ではアスパラが伸びてくるのを待っています。

091230_111301_convert_20091230170106s_20100219000454.jpg

人が知らない野菜を作る醍醐味。
味見が楽しみです!




ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



昨年の可愛らしいアスパラです。

RIMG0031(1)_convert_20090423000655s_20100219000454.jpg

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

00:08  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.12.30 (Wed)

今年最後の農作業

アスパラの冬管理

野菜セットの発送は終わりましたが、畑の仕事はやることがたくさん残っています。
家の事もやらなければならないので、優先順位を付け、最後の農作業はアスパラの冬仕度をしました。


枯れた茎葉の刈り取り

091230_102755_convert_20091230165946.jpg

生い茂り枯れたアスパラの茎葉を根元から切り取りました。


091230_102818_convert_20091230170027.jpg

全て切り取ったアスパラゾーンです。

ここに肥料を施します。

アスパラは酸性土壌を嫌うようですので、乾燥鶏糞を施しています。

その上からフカフカな土を作るため、馬糞と腐葉土で覆っています。

091230_111301_convert_20091230170106.jpg

フカフカな堆肥のふとんに包まれたアスパラ達。
品種が野生のアスパラと呼ばれている「セルバチコ」ですので、野生の力強さを信じて春を待つことにします。

暖かくなったら、可愛い芽 が顔を出すに違いません。

今年は株を育てるために1本の収穫もしていませんので、
春には畑で「ポキッ!」と折ったアスパラを生で食べてみようと思っています。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



「明日31日は畑はお休み!」にしたいと思っている私です…


テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

17:42  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.04.23 (Thu)

「アスパラガス・セルバチコ」のお目覚め。

アスパラくん、おはよう!

母が裏庭に植えた2株のアスパラを食べてからというもの、アスパラのおいしさに感動しています。

気になるのが畑に植え付けたアスパラ達なのですが、植え付けから1か月半、ようやく休眠から目覚めてまいりました。

目覚めたばかりのアスパラ。
RIMG0029(2)_convert_20090423000932.jpg

大きさは、指の第一関節位です。
目覚めた時からすでにアスパラです。

グングン伸びます。
RIMG0031(1)_convert_20090423000655.jpg

茶色っぽかった色も緑となり、背丈が高くなってきます。
食べれそうなのですが、1年目は株を充実させるために我慢しなければなりません。

同じ株から次々と
RIMG0028(1)_convert_20090423000816.jpg

成長と共に、同じから新しいアスパラが出てきます。
なんかうれしいですね。

こんな風になってしまいます。
RIMG0033(1)_convert_20090423000559.jpg

そのまま放っておくと枝分かれしてきて、お店で見かけるアスパラの面影はありません。

初めての栽培ですので、こんな調子で良いのか不安もありますが、
今の所、30株植えた中の20株からアスパラが顔を出しています。

今年日本に入荷された「アスパラガス・セルバチコ」は
全部で100本。

その中の20株とご対面です。

気温の上昇と適度に降る雨によって、残りの10株ももうすぐ顔を出してくれると思っています。

もう少し成長したら、フライングで1本食べてしまおうかとたくらんでいます。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング




テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

00:30  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.04.04 (Sat)

アスパラがニョキ!

アスパラの動き

野菜作りは種をまいてから発芽するまでが心配の種です。
野菜によって発芽スピードは違いますが、畑に芽がでてくると一安心します。

アスパラにもようやく動きが見えてまいりました。
植え付けてから約20日。まだ2本だけなのですが、ニョキニョキと緑色のアスパラが顔を出してきました。

DVC00144_convert_20090404003947.jpg

すでにしっかりとアスパラしています。
とても柔らかそうで生でも食べれてしまいそうなアスパラ。
「食べてしまいたい…」でも初めの1年は我慢しなければなりません。
これも株を充実させるために仕方がないことです。

これから次々と顔を出してくれると思いますので、毎日畑に行くのが楽しみになってしまいました。




ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング




テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

00:49  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.03.09 (Mon)

「アスパラガス・セルバチコ」植え付け完了!

苗とのご対面

本日、「アスパラガス・セルバチコ」の苗を植え付けました。
「アスパラガス・セルバチコ」のお話はこちらから→☆

畑の準備に時間を費やし、「いざ植え付け!」と意気込んでいたのですが、雨が続いてしまい
雨の合間をぬっての終了です。

畑作りをしてから約1か月もかかってしまいましたが、胸の片隅にあったモヤモヤもこれでなくなりました。

今回入手した苗、日本に100本しかないうちの30本です。

DVC00078_convert_20090210231640.jpg

箱に入った「アスパラガス・セルバチコ」。本日が苗との初対面です。
どんな苗なのか少しドキドキ。

貴重な苗の姿は続きからご覧ください。
    ↓

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

00:18  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2009.03.03 (Tue)

「アスパラガス・セルバチコ」、畑の準備

ようやく植え付け準備完了!

「アスパラガス・セルバチコ」の畑の準備が整いました。

「アスパラガス・セルバチコ」のお話はこちらから→☆

苗を入手してから20日。ようやく植え付けることができます。

「まだ植え付けていないの?」「何やってんの?」
という声が聞こえてきそうですが、今までは、畑の準備をしておりました。

DVC00119_convert_20090303011728.jpg
用意した「アスパラガス・セルバチコ」の畑

DVC00120_convert_20090303011824.jpg
ここに植え付けます。

一度植えつけたら数年先まで収穫ができる「アスパラ」。
言いかえれば、植え付けたら最後、土作りができなくなるということです。

と言う訳で、20日にかかってようやく畑が完成しました。

このスペースには、苦土石灰で畑を中和していて、その後、腐葉土、油粕、鶏糞を混ぜ込みました。
ここに先日入手した苗を植え付けます。

昼の天気予報を見逃したため、「明日の天気見た?」と母に聞いてみると、「雨は降らないよ」とのこと。

本日の宅配セットを作ってから、この畑作りの作業を行い無事に終了。
私の予定では、明日に植え付けを完了します。
なぜなら、明後日の天気が雨だからです。

夜7時の天気予報を見てみると、「午後から雪。朝まで降る可能性もあります。」となっているではありませんか!

「えっ!ウソでしょ…」

「植え付けできないじゃん…」

雪の中、植え付けても良いのですが、なんとなく積もる感じがしています。
はたして、寒さが続いても大丈夫なのか!しかも、雨が多く寒い今週。

宅配セット作りの合間をぬって、ようやく準備した畑なのに、明日の植え付けができないかもしれません。

本当にうまくいかないものです…

神様が、「畑をもう少し寝かせなさい。」と言っているようにも聞こえます。

自然にはさからえませんので、前向きにとらえるようにします。


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング




テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

01:45  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.02.10 (Tue)

「アスパラガス・セルバチコ」入手致しました。

とりあえず確保!

先日ご紹介しましたアスパラを入手致しました。
その名も「アスパラガス・セルバチコ」

アスパラのお話はこちらから→☆

DVC00077_convert_20090210231607.jpg

1箱に10本入っています。

DVC00078_convert_20090210231640.jpg

3箱キープすることができましたので、全部で30本の入手です。

秘密の種屋さんから「アスパラのお知らせ」の連絡を頂いた時、買うか買わざるべきか迷ったのですが、
結論、買って良かったです。

秘密の種屋さんによると、

私が連絡を頂いた時の在庫数は5箱でした。
3箱買ったのですが、残りの2箱は翌日に売り切れてしまい、
その後、問い合わせがたくさん入って人気のアスパラになってしまったそうです。

もしかして、ブログで紹介したから…(密かに思っています。)

このアスパラの輸入元の会社は、今回お試しとして輸入したそうです。
苗での輸入ということで、保存がきかないため、売れなかった時のリスクを考えて、
輸入したのは全部で10箱

私が買う前の5箱は誰かの手に渡り、私の後の2箱も誰かの手に。

他の7箱の行方が知りたいところですが、1箱づつ買ったとしても7人。
1箱づつ買う人の方が少ないと思いますので、私を含めて、日本で手にした人は3~4人という線が濃厚です。
ということで、「アスパラガス・セルバチコ」を日本で栽培することのできる貴重な人間となってしまいました。

次の入荷はいつだと思われますか?

なんと来年にならないと入らないそうです。

益々レアな野菜となってしまいました。

植え付けても収穫は1年先。とりあえずは、他の人よりも1年先を行くこととなります。

待望のアスパラ栽培が、ドキドキの栽培になってしまいました。

責任重大!頑張ります!



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング





テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:53  |  アスパラ栽培  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
PREV  | HOME |  NEXT