FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.10.26 (Sun)

「ミラノ大根」の大根おろし

激辛!!

ミラノ大根の試食第一弾は生食で大根おろし。

P1020655_convert_20081027000118.jpg

さわやかな紫色の大根おろしが出来上がります。

大根の特徴
首の部分は、水分が多く甘みもありますので 大根おろしにむいています。
胴の部分は、やわらかい為、火の通りが早いので、煮物などにむいています。
尾の部分は、漬物にむいています。大根おろしに辛味が欲しいときは、この部分をすりおろしますと、
辛い大根おろしになります。


大根おろしに使った部分は「尾の部分」。
激辛です!

辛味大根を過去に何種類か栽培してきました。
辛味大根をいろいろと食べてきました。

私の中では最強の辛さ!

見た目のさわやかな紫色に反し、とても辛い大根おろしとなりました。

普通の大根との味比べをしたかったので、シラスを加えて少し醤油をたらし、ビールのつまみとして食べてみたのですが、あまりの辛さにビールを一口飲むと、舌が刺激され辛さはMAXに。
舌がしびれるほどです。

使う部分によっても味に違いがでるのでしょうが、尾の部分は激辛という結果です。

大根おろしにして使うなら、お蕎麦が良さそうです。
西洋大根のミラノ大根ですが、お蕎麦屋さんでこの大根おろしが出てくるとヒットするような気がしました。

間引き菜の段階では、加熱するとものすごく甘くなりましたので、これからの試食のギャップが楽しみです。


ミラノ大根の変身!変身!2(変身絵文字2号) 1号はこちら→変身!

紫色の大根おろしに少量のレモン汁をたらすと、見事なピンク色になります。

P1020656_convert_20081027000329.jpg

味もそうですが、何より色が特徴の「ミラノ大根」。
色の変化も楽しみながら、料理を彩りそうな気配。

これからの注目度NO.1となりそうです。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング



テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:05  |  超簡単!!絶品レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

はいっ!

よろしくお願いしますm(_ _)m
すーまま |  2008.10.27(月) 08:41 | URL |  【編集】

ここ数年、”辛い大根”に出会う事すら少なくなっている気がするのですが。。。個人的には”大根おろしは辛い!”が基本の私にとって、焼き魚に使っても和え物に使っても、いまいち物足りなく感じてしまいます。それにしてもキレイな色に出来上がりましたね。酸を加えて化学反応も、これだけ美しい色が出るなら楽しいですよね!あぁ~、久しぶりに辛い大根おろしにシラスとかエビとかを混ぜてポン酢で食べたいものです。。。

新作”変身ポーズ2号”も登場しましたね!
オリーブ |  2008.10.27(月) 12:03 | URL |  【編集】

いい色ですね。
部位で味が違うのも、楽しみ方を変えられるのでいいですね。
ああー、美味しそう。

Nabemurasaki |  2008.10.27(月) 19:38 | URL |  【編集】

すーままさん、こんばんは。

大根おろしにゆずを絞ったりすると良いかもしれません。
yasai8313 |  2008.10.28(火) 00:58 | URL |  【編集】

オリーブさん、こんばんは。

この辛さには驚きました。
さんまにカボスを絞って色を楽しみながら食べたらおいしそうです!

変身!の新作もお誉め頂きありがとうございます!
yasai8313 |  2008.10.28(火) 01:00 | URL |  【編集】

Nabemurasakiさん、こんばんは。

大根の部位の使い分けをしにくいのが現状なのですが、
各部の特徴を生かすとおいしくなりますね。
yasai8313 |  2008.10.28(火) 01:02 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/911-816259d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |