FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.03.12 (Wed)

リーフチコリー

お試し収穫

昨年暮れから栽培を始めた野菜に「リーフチコリー」があります。

イタリアなどではメジャーな葉物野菜のようですが、日本ではあまり見かけることもありません。
栽培時期は、春からとなっていたのですが、試しに冬に栽培できるか実験した結果、
現在、このような状態となっています。

P1000153.jpg
収穫してみたリーフチコリー

何種類か栽培しているリーフチコリーですが、この品種は「キオッジャ」と言います。
本当は赤くなる予定だったのですが、緑に赤い模様が入っています。

現在の大きさはリーフレタス位で、このままにしておくと赤くなるのかもしれません。

収穫時期もわからないのが、西洋野菜の難しいところでもありそれが楽しみなところもあります。

しばらく様子をみようと思っていますが、失敗すると駄目になってしまうかもしれませんので、
味見のために収穫してみました。
それが、上の画像です。

味は少し苦味があり、サラダナに似ているかもしれません。
この苦味がサラダに加わったらかなり美味しいサラダになるに違いないと早速作ってみました。

P1000164.jpg

早速のサラダ

どこに入っているかわかりませんが、葉を4枚使っています。
味は予想通り、サラダが引き締まりレストランで食べるようなサラダです。
レストランでも、この「キオッジャ」はあまり使われていないと思いますので、
日本では、めったに食べることの出来ないサラダかもしれません。

この「キオッジャ」は、明日、赤坂Bizタワー内にある「グラナータ」に送る予定です。

本日の野菜

リーフチコリー キオッジャ
リーフレタス
ルッコラ
セルバチコ
カブ
カブの葉
スティックブロッコリー
アメーラトマト(お店で買ったもの)

輸入食品を扱っているお店に買い物に行ったのですが、そこに隣接しているスーパーで
お気に入りの「アメーラトマト」を発見し購入しました。

画像では見にくいのですが、カブは茎付きのまま1個をくし形に12等分してみました。
これが今回のヒットで少しおしゃれな切り方となりました。


これだけ、サラダが引き締まると「キオッジャ」は本格的に収穫を始めても良いかもしれません。
これからどうなるかわかりませんが、楽しみな野菜をまた一つ見つけてしまいました。




ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング


テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:43  |  なるほど!野菜雑学 -野菜のお話-  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

チコリーの名前はよく耳にしますが、本物が手に入るかもしれないということですね。楽しみが増えました。
Nabemurasaki |  2008.03.13(木) 08:02 | URL |  【編集】

Nabemurasakiさん、こんばんは。

チコリーはものすごくたくさんの種類があります。
一般にチコリーと呼ばれているものとは違い、
リーフチコリーですが、タイミングが合いましたらお届けさせていただきます。
yasai8313 |  2008.03.13(木) 20:46 | URL |  【編集】

苦味がうまい

こんばんは。
うちでもチコリトレビーゾというのを育てています。
プンタレッラという多年生の品種も育てています。
サラダに少し入れだけでぐっとグレードアップしますよね!
Kochan |  2008.03.17(月) 00:09 | URL |  【編集】

Kochanさん、こんばんは。

トレビーゾを作っているのですか。私もです。
この苦味がサラダに絶妙のハーモニーを生み出してくれて
ワンランクいやツーランク上のサラダになりますね。
yasai8313 |  2008.03.17(月) 01:00 | URL |  【編集】

キオッジャって?

はじめまして。

チコリーのキオッジャって赤白の斑で結球するタイプですよね? 白菜にトウガラシ振りかけたみたいな。少なくとも種袋の写真だと。
実家の母にいろいろな種を送って(チコリーはカステルフランコ、キオッジャ、トレビーゾの3種)、何かわからないものができて、それがどうもこの写真に似ているんです。
いろいろ検索すると、寒さに当たらないと赤白にならないという情報もあるようなんですが、その後のご経験でどうなりましたでしょうか?
あと、葉は固め、裏はやや固めの産毛のようなものが生えているでしょうか? 味は激苦ですか?
種袋丸ごと違う品種の種子が入っていた可能性とか、雑草の種子が混じっていた可能性とか、いろいろ考えちゃいます。
H2 |  2010.06.27(日) 20:43 | URL |  【編集】

H2さん、はじめまして。

リーフチコリーには、たくさんの種類があります。
赤白のものや、カステルフランコのようにまだらに色が入るもの、さまざまな品種があります。

現在、リーフチコリーの栽培をお休みしています。
なぜならば、種の写真のような色に仕上げるためには、ものすごい手間がかかるのです。

ポイントは、冬に栽培、そして、途中で水耕栽培に切り替える事です。

畑で育てると、緑色のものができるはずですが、
これはものすごく苦いです。
水耕栽培によって、苦味が消え、甘いキオッジャやトレビーゾが出来上がります。

野菜を届けているイタリアンのお店から、
イタリアから輸入したものを分けて頂いたのですが、
とても甘くておいしかったです。
yasai8313 |  2010.06.29(火) 00:13 | URL |  【編集】

お返事、ありがとうございます。

なるほど、そこまですると甘くもなるんですね。
個人的には苦くてもいいんですけど、せめて食べられるくらいでないと。
実家の方ではサラダに入れて食べたとのことだったので、送ってもらったのがハズレでもあったみたいです。

しかしほんと、リーフチコリーはレタス以上に実に様々な形状のものがありますね。
種袋の写真でも緑色の種類(Grumolo Verdeとかプンタレッラとか水菜風のとか)もあるようですし、結球タイプの玉の内側とか、あるいはエンダイブのように収穫前に頭を縛って軟白化するだけでもいける種類もあるのかもと思うのですが、残念ながら、それらを網羅&区別して解説した日本語の本が無いようで...
ネットで検索しても、みなさんそれぞれに試行錯誤されていますよね。

根上げをして水耕栽培するとなると、ウィットルーフタイプのチコリーと同じ、ものすごい手間になってしまうので、手間が少なくて食べられる品種&育て方を見つけ出したいところです。
H2 |  2010.06.29(火) 22:40 | URL |  【編集】

H2さん、こんばんは。

ご連絡ありがとうございます。
キオッジャなどは手間がかかるので、
そこまではできませんが、
畑では常時リーフチコリーミックスを栽培しておりまして、若採りしたものをサラダとして出荷しております。

この苦味がクセになります!
yasai8313 |  2010.06.29(火) 22:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/649-05affa3a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |