FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.01.30 (Wed)

小松菜と桜えびのパスタ

小松菜と桜えびでカルシウム摂取

KIF_4963.jpg


今晩の夕食は一人でしたので、大好きなパスタにしてみました。
作り出して気が付いたのですが、「朝から何も食べていない・・・」
そこで、男の大盛りバージョンです。

冷蔵庫をみると、小松菜がどっさりあり、なおかつ桜えびの在庫がありましたので
この2品を使ってのパスタです。

ともにカルシウムが豊富に摂れる食材です。

「野菜ランキングカルシウム編のお話はこちらから」


材料(1人分)

小松菜 1/3束
桜えび(乾燥タイプ) 80g
ニンニク 1片にんにく
鷹の爪 1本鷹の爪
パスタ1.4mm 150g(大盛りバージョン
オリーブオイル 大さじ4オリーブオイル
塩 適量ソルト
ブラックペッパー 適量ブラックペッパー

作り方

① 小松菜は食べやすい大きさに切り、サッと茹でておきます。
  にんにくは、細かく切ります。(みじん切りまで細かくしません。)
  鷹の爪は、半分に手でちぎり、中の種を取り除きます。

② たっぷりのお湯とたっぷりの塩でパスタを茹でます。
  茹で時間は、パスタの袋に記載されている茹で時間より、2分ほど短めにします。
  最近使っている「Barilla」の1.4mmの標準茹で時間は6分ですので、4分茹でています。

③ フライパンに、オリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れ、中火にかけます。
  沸騰してフツフツしてきたら、火を弱火にし、焦がさないようにフライパンをゆすりながら
  じっくりと炒めます。

④ にんにくに色がついてきたら、桜えびを加え、いったん火を止めて、パスタのゆで汁大さじ2を加え、
  それ以上、にんにくが焦げないようにします。

⑤ 再び中火にかけて、トロッとするまで、少し煮詰めます。

⑥ 茹で上がったパスタを投入し、さらに①の小松菜を加えてよくあえます。
  
⑦ 味をみて、塩、ブラックペッパーで味を整えて完成です。
  この時、水分が足りなければ、茹で汁適量を加えます。

「カブと桜えびのパスタ」の改良版なのですが、基本のペペロンチーノがしっかりするとパスタの種類も増え、さまざまな野菜を使ったパスタが完成します。

かなり出来の良かったパスタ。一人で楽しみました。今日も星三つ!




「FC2ブログランキング」に参加しています。
応援ありがとうございます!
現在、第2位です。
今後とも応援をお願いします!!
    



「お仕事ブログランキング 農業」に参加しました。
ブログをご覧の皆様のご協力で第1位達成です。
心温まる皆様のお力に感謝です。ありがとうございました!!

ご面倒をおかけ致しますが、こちらもワンクリックの応援をお願いします。
     

ビジネスブログランキング



「人気ブログランキング」に参加しました。ブログランキングの大御所に挑戦します。
じわじわとランクが上がってまいりました。皆様有難うございます。
只今59位です。

応援のクリックでお疲れの所、申し訳ございません。最後の力を振り絞って、もうワンクリックお願いします、
    


 皆様、お願いします。



  

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:41  |  超簡単!!絶品レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

桜エビ大好きです。パンケーキにネギと一緒に加えても美味しいですよね。
小松菜はTAKEIさんのもの以外は食べません。普通は自分で買わないのですが、TAKEIさんから届くと美味しくって。
Nabemurasaki |  2008.01.31(木) 01:20 | URL |  【編集】

桜えび、パンケーキにネギとも合うのですね。
いつも予想外のレシピ、参考になります。ありがとうございます。

小松菜の件、ありがとうございます。
現在お届けしている品種は特殊でして、一般に出回らない「おいしい」と言われている小松菜です。
yasai8313 |  2008.01.31(木) 18:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/604-b55a4cda

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |