FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2007.10.13 (Sat)

カブと桜えびのパスタ

おいしいパスタ出来上がりました。

毎週野菜をお届けしているイタリアンレストラン「LUCCA」に野菜を届けたときのことです。

こちらのお店には、ランチメニューがあり、その中の一つで「パスタランチ」があります。
通常メニューにはない、その時のおいしい食材で作る日替わりパスタで、ディナータイムでは食べれないパスタを食べることができます。

「今日のパスタは?」と毎回野菜をお届けする際の楽しみでもあるのですが、その日のパスタは
「カブと桜えびのパスタ」でした。

午後からは宅配の収穫をしなければならず予定がつまっていたのですが、「今しか食べれないのでは?」と思うと何が何でも食べてみたくなります。
「午後から、気合を入れて頑張るぞ!」と自分に言い聞かせ、早速オーダーしてみました。

ペペロンチーノをベースに、桜えびの旨みとカブの旨みが見事に調和されているパスタで、
食感を残したカブが絶妙で、満足のゆくパスタでした。

帰り際に、シェフに質問を2つしてみました。

質問1「カブは下茹でしてから最後に加えるのですか?」
解答1「生のまま、最後にフライパンに投入し、サッと火を通すだけです。葉はその後加え、こちらはさらにサッと火を通します。yasai8313のカブですから、それだけで十分です。」

カブは下茹でしてパスタに加えたと思っていたのですが、作り方は違うようです。
そして、食材の状態によっても、作り方が変わるのだと思いました。

質問2「桜えびは乾燥タイプでも大丈夫ですか?」
解答2「全然大丈夫です。おいしく出来上がりますよ」

生の桜えびを使っていたみたいでしたので、質問してみました。生ですと手に入りにくいもので。

新たなパスタのレパートリーが増えました。
本日も新しいパスタと出合うことができ、ほんの少し幸せな気分です。

こちらの「LUCCA]のパスタランチは、11時~14時の時間帯で土日も楽しめます。
本日のパスタ、パン、飲み物、デザートがついて、950円です。

仕事中にパスタを食べる時は、パスタ、アイスコーヒーのみで、パン、デザートは食べません。

ということで、早速作ってみました。
「美味しいものは真似てみましょう」との精神で。

完成品は続きからご覧下さい。





【More・・・】

「カブと桜えびのパスタ」

KIF_4098.jpg


材料(2人分)

小カブ 2個 カブカブ
桜えび(乾燥タイプ) 100g
ニンニク 1片にんにく
鷹の爪 1本鷹の爪
パスタ1.4mm 160g
オリーブオイル 大さじ4オリーブオイル
塩 適量ソルト
ブラックペッパー 適量ブラックペッパー

作り方

① カブは皮のまま3mm幅にスライスします。
  葉は茎のみ使い、3~4cmの長さに切ります。
  にんにくは、細かく切ります。(みじん切りまで細かくしません。)
  鷹の爪は、半分に手でちぎり、中の種を取り除きます。

② たっぷりのお湯とたっぷりの塩でパスタを茹でます。
  茹で時間は、パスタの袋に記載されている茹で時間より、2分ほど短めにします。
  最近使っている「Barilla」の1.4mmの標準茹で時間は6分ですので、4分茹でています。

③ フライパンに、オリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れ、中火にかけます。
  沸騰してフツフツしてきたら、火を弱火にし、焦がさないようにフライパンをゆすりながら
  じっくりと炒めます。

④ にんにくに色がついてきたら、桜えびを加え、いったん火を止めて、パスタのゆで汁大さじ2を加え、
  それ以上、にんにくが焦げないようにします。

⑤ 再び中火にかけて、トロッとするまで、少し煮詰めます。(乳化

⑥ パスタが茹で上がる30秒前にカブを加え軽く炒め、茹で上がったパスタを投入してよくあえて
  フライパンの中の汁けをからめ、カブの茎を加えます。

⑦ 味をみて、塩、ブラックペッパーで味を整えて完成です。
  この時、水分が足りなければ、茹で汁適量を加えます。

☆ 作り方⑤の乳化がペペロンチーノのおいしさの秘密でもあります。

☆ このパスタは、水分が気持ち多いくらいの方がおいしいので、「汁けが多いかなぁ?」と思う位が丁度良いと思います。

おいしいやわらかな小カブが手に入ったら、是非試していただきたいパスタです。
本日のパスタも星三つです!!




ブログランキングに参加しています。カテゴリーを「野菜作り」に変更し新たなスタートをきりました。
皆様、応援をお願いします!!

「FC2 Blog Ranking」ワンクリックがパワーの源となります!

22:51  |  超簡単!!絶品レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

カブは火を通しすぎると柔らかくなりすぎるし、香がなくなるので、できるだけ生に近い方はいいでしょうね。
それと桜エビはいいですね。乾物でも本当にきれいで、味のいいものがありますよ。お好み焼きとか、パンケーキの様な焼き物の生地の中にネギと一緒に入れると、これもなかなか美味しいですよ。
Nabemurasaki |  2007.10.14(日) 01:10 | URL |  【編集】

我が家では、カブにはほとんど火を通しません。
味噌汁などは甘くなってしまいますので、カブの味噌汁は苦手です。

桜えびは、焼そばにも使っています!!
その他、ターサイなどとの炒めものに入れてもおいしいので
冷蔵庫の必需品となっています。
yasai8313 |  2007.10.14(日) 18:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/466-43f78067

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |