07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.11.04 (Sun)

「はたして農業でポルシェが乗れるのか?」 エピソード4

「規格をぶっこわせ!」

「農業をやる」と畑に立ち、両親に無視されていた1か月。
その後、少しづつ手伝いをさせてもらうようになり、それは市場への出荷作業まで及びました。

市場への出荷作業をしながら感じてきたことが「規格サイズ」について。

品目は「長ねぎ」と「大根」。
太さによってサイズを分け、段ボールに箱詰めしていき、それが値段に反映されます。

一番高く販売できるサイズを目指して野菜を作らねばなりません。
天候などにも左右され、さらに栽培技術も大きく影響します。

工場生産ではありませんので、全て同じように揃えることは不可能です。
それが野菜作り。

一番高く販売できるサイズ=規格品

値段が安く付けられてしまった規格外品、この頃から規格について疑問を抱き始めました。

市場出荷や販売会社へ卸している方には、この規格サイズがなくなってしまったらとんでもない事になってしまうことでしょう。


これから書くことは、販売先が「個人宅配」や「飲食店さん」、さらには「直売」であれば可能なのではないかと思う事です。


「失敗って何?」

知り合いの農家さんに言われました。

「タケイさんは失敗とかないですよね?」

「失敗?失敗って何ですか?」

「……」

「もしかして、普通に販売されているような野菜に育たなかった事とか作った野菜が利益にならなかった事とか?」

「そうです。」

「規格品と言われている販売されているサイズにならない事はもちろんあります。
でもそれは失敗と認めません。
そもそも誰が決めたか知りませんが、
はるか昔に決めたようなサイズに合わせて収穫する考えが古いと思います。
一生懸命一般的な規格サイズに育てて収穫している人もたくさんいるのに、
その苦労に見合った利益が得られないなんておかしいですよ。

今までいろいろなシェフと付き合ってきましたが、
スーパーで販売されているサイズが欲しいなんて1回も言われて事はありません!
飲食店さんを例に取れば、彼らが求めている野菜を提供すればいいだけ。
規格サイズなんて無視無視!

実際に、イタリアやフランスで修行したシェフから電話が入ります。
「ホワイトステムの穂先って何ですか?」と……

収穫サイズなんて、農家のセンスでなんとでもなりますよ。

実際、この前畑で見せたキャベツなんていい例じゃないですか!
あの必殺のキャベツでダブル収穫できちゃうんですから。
あれで利益倍増ですよ!!


今は21世紀、販売する規格なんて自分で決められるし、それをお客さんに理解してもらえればいいだけ。
要は、伝え方です。

95年秋にWindows95が発売され世界的なヒットなり、
そのおかげでインターネットによる野菜販売が可能となり、
今までとは違った農業も行われるようになりました。

くどいようですが、21世紀です。
誰が作ったかわからない規格なんて無視しても良いのではないのでしょうか?


規格サイズがあって成り立つ販売ルートもありますので、
そちらのルートの方は、規格サイズでも良いとは思っています。


エピソード2でも書いたように、
与えられた環境で農業のやり方は変わります。

ただ、今までの枠の中で囚われるつまらない農業はしたくないと思っています。




ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング


農家の考え方で農業は変わると信じています。












テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

17:43  |  「はたして農業でポルシェが乗れるのか?」  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

たくさん書いたのですが、あまりにたくさん書きすぎてまとまらなかったので今度飲んだ時にでもゆっくりお話ししましょう。一晩しゃべれるくらいです。笑

一つだけ。農家の考え方で農業は変わるとワタシも信じていますし、そうしないといけない時代はとっくに来ていると思います。
こばし |  2012.11.11(日) 11:57 | URL |  【編集】

こばしさん、これ、早めに飲んだ方が良さそうですね。
日程調整よろしくお願いします。
yasai8313 |  2012.11.13(火) 11:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/2456-cb080008

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。