07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.12 (Sun)

やっぱり食べてみたい。

わがままな私

パスタ好きの私、外で食べる事も勉強と思い、
たまに出かけることがあります。

パスタはもちろんのこと、野菜の使われ方も徹底的にチェックしてきます。


今日出かけたのは、青山にある「リストランテ ホンダ」

お店のHPはこちらから→☆☆☆

2008年~2011年とミシュランの一つ星を獲得しているイタリアンです。
さらに片岡シェフの「アルポルト」で副料理長という経歴を持っているとなると、
期待せずにはいられません!

リストランテ ホンダ 120

念のため、ランチタイムに予約を入れておいたのですが、
オープンと同時に満席でした。全て予約が入っていたようです。

オーダーしたのは、プリフィックスコースの前菜、パスタ、メイン、デザート、珈琲又は紅茶というメニューです。

お店は男性2名でしっかりしたサービスをしていて満足度ありです。
料理も全体的においしく、一皿一皿がお洒落でした。
料理の味は一つ一つ語ると長くなってしまいますのでパスタのお話をします。

パスタは4つの中から選ぶことができます。
○佐島産 タコのラグーと下仁田ネギのスパゲッティ
○牡蠣と白菜のクリームソースのフェデリーニ
○愛媛産 甘とろ豚のコンフィとキャベツのスパゲッティ ローズマリーの香り
○本日の手打ちパスタ (+時価)→本日は北海道産のウニを使ったパスタでした。


通常、初めて食べるお店はオイルベースを注文するのですが、
今日は、「牡蠣と白菜のクリームソースのフェデリーニ」

なぜかと言いますと、今月シェフタケイとして2回ほど外でパスタを作るのですが、
クリーム系を考えていますので、その勉強の為です。

「牡蠣と白菜のクリームソースのフェデリーニ」リストランテ ホンダ 128

細かい技が入っていて、何より牡蠣がおいしかったです。
素材に力を入れている気持ちが伝わって来ました。

実は、オーダーする際、ダメもとで「ペペロンチーノ」を作ってほしいと頼んでいました。

「少々お待ち下さい」と厨房に確認してくれて、
忙しい時間にも関わらず「ご用意させて頂きます。」との返事を頂いていました。

アルポルトのペペロンチーノを想像していたのですが予想は外れでした。
ニンニクはみじん切りではなく、揚げてトッピングタイプのペペロンチーノ。
塩の強さは、アルポルトゆずりという感じを受けました。
アルデンテのほどよいパスタはさすがという感じです。

食べた後、サービスの男性2人から「お味はいかがでしたか?」と聞かれました。

1人の方のお話では、
「このお店で2年ほど働いておりますが、ペペロンチーノを注文された方はお客様で2人目です。」との事。

ローマに出かけた際、どのお店に行っても「ペペロンチーノ」がメニューになく、
無理やり作ってもらった事を思い出しました。

なるほどね。サービスの方が聞いてくるのもわかるような気がしました。

シンプルなパスタ「ペペロンチーノ」。
味のごまかしが効かない「ペペロンチーノ」。


一つ星の「リストランテホンダ」で
滅多にお目にかかることのない「ペペロンチーノ」。


それはこちらです!

リストランテ ホンダ 131


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



食後の珈琲はアイスコーヒーをお願いしましたが、
久々に「おいしい!」と思ったアイスコーヒーでした。











テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

22:54  |  オフの時間  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/2173-cab80ca2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。