FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.03.20 (Sun)

茨城産、ほうれん草の動き。

スーパーは!

茨城産ほうれん草のニュースが流れてから、近所のスーパー3軒を見てまいりました。

どこの店舗も野菜は豊富にありましたので、品不足ではないようです。

3店舗回った中で、1店舗だけ茨城産のほうれん草が販売されていました。
山積みになってです。
時間は18時過ぎ。誰も買っている形跡がありません。

予想通りの結果が出ていました。

産地の違うほうれん草が販売されていたら、消費者の方は迷うことなく茨城産以外を選んでしまうと思います。

体に影響が出るものではないと説明されていますが、
あの会見では、当然の結果がスーパーに表れてしまうのも仕方がありません。

同じ野菜を作っている農家の一人として、茨城県の農家の方達の事を思うと胸が痛みます。

福島県の牛乳も同じです。

放射能の影響を受けているのは、もちろん農家だけではないということは十分承知していますが、
何かあるといつも影響を受けるのは生産者。

種をまいてから翌日に野菜ができるということはありません。

「時間」と「畑という場所」、さらに「労働力」や「資材」を費やして
農家は一生懸命作物を作っているのです。




農家のひとり言でした。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



いずれ、千葉県にも同じような状況が起こると思っています…

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:54  |  農家のひとり言  |  トラックバック(0)  |  コメント(24)

Comment

こんにちは。仙台からです。水は31日に通ることに
なりました。

茨城ほうれんそうは、ブログを拝見したらやはり想像していた通りです。こちらは買い物にいっても生鮮ものは手にはいらないので情報がはいりありがとうございます。

原発を速くなんとかしないとと思う気持ちと、原発で頑張っている消防隊の方々に頭が下がります。福島農家さんで廃業に追い込まれたかたはもちろん農家さん全部の憤りと不安が直に伝わってきています。

福島の酪農家=製造再開不可能 県内全域の牛乳が汚染されていると思われている。酪農を理解いていない突然の発表に憤りを感じる。

そして宮城県の野菜は流通の経路がとざされているため、市場にあらわれないため、買えないので被災者はビタミンを摂取もできないい状態です。
栄養不良になり体温も下がりどんどん高齢者がなくなっています。

放射性物質の検査が必要なのもわかりますが、食料が深刻になって生きるのがやっとの被災地にはますます野菜がはいりにくくなっている現状です。
この状況をなんとか力をあわせ脱却するようにしたいと考えています。

今は被災地に暮らす人々はだんだん疲れがでてきました。
これからいろいあると思いますが、お体大事にお過ごしください。
長文にて失礼しました。
桃猫 |  2011.03.21(月) 13:48 | URL |  【編集】

桃猫さん、こんばんは。

茨城県のほうれん草の問題も他県にまで広がって来ました。

ニュースで見る、農家の方、酪農家の方のつらいコメント。

同じ農家として悲しくなりました。

水が通ることになったのですね。
あと10日ありますが、どうぞ頑張ってください。

こんなコメントでしか応援出来ずに申し訳ございません。

yasai8313 |  2011.03.21(月) 23:03 | URL |  【編集】

どうしても言いたい/訊きたいですわ。

外部被曝と内部被曝の違いはご存知ですか?
食品衛生法の暫定基準値と称するものが、WHOのガイドラインより大甘なことはご存知ですか?
政府だけでなくマスコミの多くがそういうことを説明せず(説明できず)に安心安心ということが逆に不信を招くんですよ。

放射能なんて、詳しく知らなければ恐くありません。でもよく知っていれば恐いものです。東京消防庁のハイパーレスキュー隊の会見、ご覧になりましたか? 放射能に関して熟知されているからこその恐怖と闘った姿だったと自分は思いました。

農家さんへの影響は大きいと思いますが、こういう場合の補償制度ありますよね? 東電への賠償請求もありでしょう。
H2 |  2011.03.22(火) 01:18 | URL |  【編集】

H2さん、こんにちは。

私はH2さんのように放射能に関しては全く詳しくありません。
H2さんのように知識のある方はごく一部で、
消費者はメディアから流れるニュースを受け入れていると思います。
それが、正しいのか、間違いなのか、結局は受け取る側の問題だと思います。

ほうれん草や牛乳についての国の発言は、スーパーの動きを見ればわかります。

予想通り、他県にも広まってしまっていますが、
これは風評ではないのでしょうか?

H2さんでしたら、茨城産のほうれん草、買いますか?




yasai8313 |  2011.03.22(火) 16:16 | URL |  【編集】

長くなりましたが、ぜひ伝えたいです。

タケイさんはお子さんはいらっしゃいますか? 放射線の影響を強く受けるのは、年配者よりも若い人、子供、胎児です。「被曝感受性」について調べてみてください。また「生物濃縮」はご存知ですよね。より恐いのは生物濃縮につながる土壌汚染/海洋汚染であり、呼吸や食物摂取からの内部被曝です。外から放射線をあびる(外部被曝)のではなく、取り込んだ食物や空気を介してからだの内部に放射性物質が留まって(ある程度排出されますが、ある程度は体内に溜まります)、そこから放射線が出続けます(半減期も関係)。放射線の強さは放射線源からの距離の2乗に反比例します。放射性物質にもいろいろ種類があり、それぞれ影響が違います。毎時量と蓄積量の判別も重要です。(放射能/放射線/放射性物質の使い分けには意味があります)


私も以前から放射能や原発に関して特別詳しかったわけではありません。今回の事故が起きてから、自分で正しい判断をするために足りないところを勉強しました。こういうときの発表って、常に「大本営発表」です。自分で知識を持って自分で判断しなければ、パニックになりかねません。知識を持っていれば、膨大な情報の海の中で嘘と本当の見分けがつきます。

たとえ知識がない場合でも、もろもろの発表や報道を聞いて「おや?」っと疑問に思う部分って必ずありませんか? それは単に自分の知識が不足していて理解できないからかもしれないし、説明不足だからかもしれないし、嘘による矛盾を感じ取った結果かもしれませんけども。例えば今回初期段階では「事象」という言葉が盛んに使われましたが、「ん?事故じゃないの?」って思いますよね。これは国際原子力事象評価尺度というものにもとづく正しい表現だったのですが(当時。今は事故)、正しくても疑念は生じます。政府の対応の稚拙さを感じた人も多いでしょう。東電は過去に原発関連の不祥事・隠蔽を何度も起こしています。大手マスコミは電力会社から広告費をたくさん貰っています。説明する専門家には原発推進の利害関係者が多いです。そうしたものが積み重なるたび不信は深まります。

タケイさんが言われる通り「消費者はメディアから流れるニュースを受け入れている」のなら、タケイさんの言われる「風評」は起きませんよね。政府は大丈夫って言ってますから。しかし多くの消費者が何かを感じて/自分で判断してそうした行動に出るのではないですかね。正しく判断するには知識が必要です。でも知識を得ると今度は嘘の部分や説明・言及されない部分に何があるのかが見えてきます。

政府の基準が大甘なのは、厳しくするとコストがかかるからですね。避難範囲にしろ、暫定基準値にしろ。チェルノブイリのときの輸入食品に対する日本の基準値はもっと厳しかったです。国民の安全は費用対効果の天秤にかけられるんです。被害が有意に出るとしても現状の程度ならわずかに確率が上がるだけですから。将来もし健康被害が出たら、長い時間をかけて裁判をしてお金で補償してくれるかもしれません...。だから各々が自分の判断基準(自分なりの費用対効果の天秤)を持って行動すればいいと私は思っていますよ。現状の程度なら喫煙の影響に比べれば小さいかなと思いますが、私はタバコのちょっとの煙も臭いも嫌です。

消費者がいわゆる無農薬や減農薬の栽培物を選んだら、慣行栽培物に対する「風評」だと思われますか? 農家さんにとっては、基準値が厳しい方が補償対象であることが明確になるんですが、そこから中途半端に外れると売れないし補償もされないという厳しいことになってしまいますね。補償じゃなくまずは生産物に対する想いでしょうけども。でも、生産者さんにとって一番大事で、失うと取り返しがつきにくいもの、それはお客さんとの信頼関係ですよね。ほかのことは土地を移ってもやり直しがききます。

くどいかもしれませんが、タケイさんご自身が放射能についてある程度調べられて、その上で慎重に発言・行動されるのが懸命だと思いますよ。

(福島県ではない)茨城産のほうれん草を買うかどうか? 当面のあいだは買いません。自分の判断基準にもとづいて。ただそれ以上に、原発立地県&道の産品は、その県&道が「脱原発宣言」を出すまで不買しようと思っています(地元民も認識を改め声を上げてくださいということです)。未来の子どもたちに対する責任と償いとして。
H2 |  2011.03.23(水) 07:39 | URL |  【編集】

H2さん、こんばんは。

人それぞれ興味のあることについては調べるだろうと思いますし、なければ深くは追求しないと思います。

放射線については、H2さんほど興味はありませんので、そこまで調べるつもりもありません。

この記事に書いてあるように、農家のひとり言です。
これに賛同する人もあれば、反対する人もいるでしょう。

それぞれ意見を持って当然だと思います。

メディアから流れるニュースを聞いて判断するのも消費者、気になるなら買わなければ良いのです。

無農薬や減農薬の野菜が偉く、慣行栽培はダメだとかは一度も考えた事はありません。
農家は野菜を販売してこそ農業であり、野菜が売れなければ生活できません。
趣味で野菜を作るのとは違うのです。
野菜の作り方も農家それぞれ、
買う側の消費者もそれぞれです。

只、言える事、今、農家はとても厳しい現状になっていることは事実です。

これは風評ではないのでしょうか?

さらにH2さんはジャガイモはどうしていますか?
保存しているジャガイモの発芽を防ぐために、
国がジャガイモへの放射線照射を認可しています。
北海道の一部のJAが実施しているだけですが、
スーパーで販売されているジャガイモは区別がつかないと思います。
新ジャガであればともかく、その季節ばかりではないですから。


yasai8313 |  2011.03.24(木) 00:12 | URL |  【編集】

H2さんに

横レス失礼します。 
 今回のことが大変怖いことで、野菜の不買は当然であり、風評被害とは呼べない消費者の不安ゆえの正当な行動だというお考えをおもちなのだと理解しましたが、見ていて強く思ったので書かせてもらいます。
H2さんのタケイさんに対するものは失礼ですよ。
居丈高に思います。相手に是非伝えたいのであれば、
失礼無い様に文章にすべきです。
何か喧嘩を売ってるように思います。
それと、原発を設置したことを許した県民の方達に原発反対の行動を取らせようという姿勢や、タケイさんを代表とする農業の方を放射能に無知だから自分と同様に詳しくあるべきというのはお門違いに思います。
   本業に誠実・安心な野菜作りに勤しんでいる方を馬鹿にした態度は撤回すべきです!!!             
たかはし |  2011.03.24(木) 04:25 | URL |  【編集】

こんにちは。
自宅の地域に給水車がやってきました~
岡山県からです。日本海をまわり、まる1日かけてきてくださっています。
本当にありがたいです。

たかはしさんのコメントに
1票!思いやりをもちましょう。人は身体だけで生きているのではありません。


桃猫 |  2011.03.24(木) 10:37 | URL |  【編集】

H2さんに

タケイさん横スレ失礼いたします。
H2さんは学識高いお方と拝見いたします、が、何が言いたいのですか?
どう見ても他人を小馬鹿にしたような態度に見えますよ。
これほど不快感を感じたコメントは2chでもそうはありません。

一つ前のブログのコメでも「札束で頬を叩かれた福島県民・・・」とかありましたけど、福島県民の何がわかるのですか?放射能の恐さを知ってる福島県民が命をかけて原発の爆発を防いでくれているんでしょ?

ご自分の知識を高めるのも素晴らしい事だと思いますが、それと同時に人を思いやる心も育てて行きましょうね!H2さん。








ヒデキ |  2011.03.24(木) 20:48 | URL |  【編集】

たかはしさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。
消費者の方の貴重なお考え、ありがたく受け止めさせて頂きます。
yasai8313 |  2011.03.24(木) 23:34 | URL |  【編集】

桃猫さん、こんばんは。

給水車が到着したのですね。
岡山県からはるばるってありがたいです。
私は何もできませんが、少し安心しました。

お正月の井戸のポンプが壊れて以来、水の大切さを実感しました。
まだまだ大変だと思いますが、頑張ってください!!

応援しています!
yasai8313 |  2011.03.24(木) 23:36 | URL |  【編集】

ヒデキさん、こんばんは。

H2さん、とても頭の良い方だと思いますので、
私の頭では理解できないことも多いです。

農家の立場として、伝えなくてはならないことは伝えたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
yasai8313 |  2011.03.24(木) 23:38 | URL |  【編集】

まず「風評」について確認(認識の共有)が必要かもしれませんね。ここにズレがあるような気がします。単に「うわさ」とだけ説明されている辞書なんかもありますが、正確には、本来は直接関係のないものにそれが及ぶことを指すはずです。

影響は受けていて基準値以下のものと、本当に全く影響を受けていないものがあり、後者の売上が落ちることは「風評被害」ですが、前者は違うでしょう。原発事故の「被害」であることは同じですが。一部マスコミもごっちゃにしています。ただ、基準値以下であれば平時とは異なっていても一般公表されないことが拍車をかける面があるようにも思います。

タケイさんもおっしゃる通り、一人一人が自分のもてる知識の中で、判断・選択をしています。農家さんの悔しい気持ちはよくわかりますが、原発事故の「被害」に対しては金銭的補償で対応するしかないと思います。ただ、補償という点では同じかもしれませんが、ひとからげに風評風評と言われるのは違和感があります。「原発被害」と言うべきものでしょう。

原発・放射能に対する多くの人の無関心・低関心・無理解、そして思い上がりがこの惨事を招きました。政治と一緒です。みんな責任を感じる必要があると思っています。

北海道の一部のジャガイモへの放射線照射について。そのことは知っています。単品としてはほとんど買っていないと思いますが、ただ、放射線照射/放射性物質の付着/放射性物質の生物濃縮は影響が全く異なります。

私の食品購入における基本的なスタンスは、極力国産・近県・季節のものを選び、極力無農薬・減農薬のものを選び、みかけの良さではなく本質を理解して選び、食品添加物もそれなりに把握・理解して原材料を確認して選び、その商品を作っている企業・生産者の方の意識や姿勢を確かめてから選んでいます。問題を起こした企業のものとか問題がある政治家の選出県産品とかは不買しています。生産者と直接話す機会がある朝市なんかにも足を運びますが、生産者さんが食の安全に関するしっかりとした知識を持っているかどうかも信用の面で重要なポイントです。これらはすべて完璧にとはいきませんが、粗食ですのでそれほど苦労なく(コストも高くならない)、少しずつ勉強しながら洗練させてきています。
H2 |  2011.03.25(金) 01:14 | URL |  【編集】

私にコメントいただいてましたか。行き違いになりました。
私からみると、率直に言ってタケイさんの原発や放射能に対する意識が甘くみえました。怒りは当然としても、食(安全)に関わるお仕事をされているのだから、しっかり知識をもって発言してほしいと思いました。なぜならそれって信用に関わりませんか?

原発の現場の作業員さんが頑張ってらっしゃるのは知っています。農家さんへの補償は範囲を広げてきっちりすべきとも思っています。
H2 |  2011.03.25(金) 01:54 | URL |  【編集】

補償?

初めてコメントさせていただきます。農業には直接携わっておりませんが、農業に関わる仕事をしております。茨城の野菜の状況に苦しさを感じ検索したところ、タケイさんのブログに行き当たりました。

補償制度があるだろう(だから農家の収入面は大丈夫)(←要約しました)と読み取れる意見が上にありましたが、農家さんが確実に補償されるという保証はありません。補償されるとしても、現時点でいつになるか分かりません。野菜が売れないと、当然ですが今現在の収入は0です。影響がないと言われている野菜も買い叩かれしまい、出荷するだけで赤字とのこと。知り合いの農家の方々は、今までの苦労が水の泡になったことに対する痛みと、これからの収入をどうするか、という大変な不安の中にいます。

放射性物質の怖さは、農家の皆さんは多かれ少なかれ理解されています。検出された分は廃棄も仕方ないでしょう。しかし影響のない県内産一律出荷停止とは・・・丹誠込めた野菜を捨てなければならない。そして当面の収入がなくなる怖さというのは、生半可じゃありません。その痛みを少しでも思いやっていただきたいな、と思いました。

どのようなスタンスを取られるかは個人の自由でですが、匿名のH2さんの意見はキツいなと感じました。タケイさんはご自分の名前を出しておられます。そう書きながら、私もネット上で本名を書けませんでした。すみません。

これだけの甚大な災害に見舞われながら、自分のスタンスに合った食品の選択ができる日本は、幸せな国だと思います。
茨城在住者 |  2011.03.26(土) 10:27 | URL |  【編集】

エール☆

いろいろな意見を拝見しました。あんぽんたんなのか、中には意味が理解できない難しいコメントもありました。

安全と言いつつ摂取制限や出荷制限という対応は、能天気主婦には理解できず混乱しています。でも、少なくとも大切に育てられた野菜が潰される様子を見てとても悲しい気持ちになっています。

早く放射能問題が解決して欲しいなぁ。。
農家畜産の皆様、待っています!
能天気主婦 |  2011.03.26(土) 16:18 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.03.26(土) 16:24 |  |  【編集】

H2さん、こんばんは。

H2さんのおっしゃることもわかるような気がしてきました。原発や放射能に対する知識は確かに少ない事は認めます。

どうしても伝えておきたいことがあります。

初めにコメント頂いた記事からのことですが、
このブログは農家のブログであり、放射能や原発の専門ブログではありません。
あくまでも、今回の出来事についての農家としての意見です。
意見に対して、肯定、否定は当然だと思っていますので、全て素直に受け止めるつもりで、皆様から頂いたコメントにも返信させて頂いています。

そもそも、記事は原発の内容を書いたわけでもないので、そこまで言われても…というのが本音でもあります。
原発専門のブログであれば、全て認めるところなのですが……

私の記事は同じ農家として、生産者側に立っています。H2さんにとっては不快に感じられるかもしれませんが、他の方から頂いたコメントを読ませてもらうと、農家のブログとして読んで頂いている方にとっては、一つの意見として素直に受け入れて下さっていると思います。

風評被害と原発被害というのもありましたが、
九州の方でも、海外に輸出している野菜の注文がキャンセルになっているそうです。
これは、風評ですよね。
原発の近くでなくても、影響の受けている生産者が事実いらっしゃるのです。

補償の面は、茨城在住者さんがおっしゃる通りだと思います。
今回の出来事から、農家仲間と連絡を取ったりしていましたが、皆さん不安は隠せません。もちろん、私もです。

農業人口が少ない中、頑張っている新規就農者の方達も増えていますが、そのような人達の事を考えると農業の厳しさを感じています。

「国からの補償」と一言で片づけられても、農家はお金だけではないことも多いのです。

原発、放射能の知識の無さは認めますが、あくまでも農家の考えの一つとしてご理解頂ければ幸いです。

農家の方もこのブログを多くご覧になってくださっていますので、農家についての知識をもう少し増やして頂けると助かります。




yasai8313 |  2011.03.26(土) 23:52 | URL |  【編集】

茨城在住者さん、はじめまして。
貴重なコメントありがとうございます。

友人が茨城県に住んでいて、深刻な話をたくさん聞きました。
彼はゴルフ場に勤めているのですが、コンペは全てキャンセルになり、少し前までは、ゴルフ場に来るガソリンがないとキャンセルにもなったようです。

農業以外にも影響を受けている人達はたくさんいらっしゃって、今回の災害の大きさを日に日に感じてきています。

知り合いの茨城県の農家の方も、本当に大変なようです。

農業という職業を選んだ私。自然との付き合いは離れることができませんので(今回は影響が大きすぎですが)、今後も野菜作りに頑張っていくつもりです。

今後ともブログ共々よろしくお願い致します。


yasai8313 |  2011.03.26(土) 23:58 | URL |  【編集】

能天気主婦さん、はじめまして。
ありがたいコメントありがとうございます。

今回の出来事で、家庭を預かる主婦の方は大変だと思います。
野菜、水と出てきまして、これから魚、肉ということも考えられると思います。

メディアの情報も混乱させるよなことばかりで、農家として、消費者としての私にとっても困ったものです。

しばらく大変な状況が続くと思いますが、頑張ってください。

私も農家として頑張っていきます!

今後ともどうぞよろしくお願い致します。


yasai8313 |  2011.03.27(日) 00:02 | URL |  【編集】

自分の責任と日本の未来

タケイさん、こんにちは。本音はよくわかりました。

タケイさんもおっしゃる通り、海外で九州産のものが敬遠されるのは風評被害ですね。ただ、他国(日本)の細かい地理や風向きはわかりませんし、外国からも(日本人は賞賛されていますが)日本政府や東電は信用されていません。なかなかどうしようもないというのが現実ですよね。

私はいずれ田舎の実家にUターンして多品目の野菜中心に農業をして地域の直売所もつくりたいと考えていて、タケイさんのブログをはじめいろいろな農家さんのブログも読んでいました。人ごととは思えません。

また厳しいと言われるかもしれませんが、原発事故に関しては、日本国民のひとりひとりが何かしらの「自分の責任」を感じる必要があると私は思っています。ただの被害者は誰もいない。自分で直接動かせるのは自分だけ。自分に何ができたか、何をすべきだったのか、そして今後どう行動するのか。無知や無関心ではいけない。農業にも一般消費者にも原発は関係なくないわけです。思いっきり関係ありましたよね。

原発を1基立地すると、電源立地地域対策交付金等や固定資産税などで、20-30年で1000億円程度(最新原発の出力規模での試算)の金が地元自治体(市町村と都道府県)に落ちます(1基あたりです)。原発賛成の首長や議員は選挙で選ばれています。放射性廃棄物は、今後何百年にもわたって管理していかなければなりません。その管理のために電気も使います。後始末は思いっきり子孫へのつけまわしです。関係ない人なんか一人もいませんよね。大手マスコミや国会議員・大学・学者などにもスポンサーや献金を通じて原発利権に組み込まれている人もいます。まわりで話してみても、こうした原発事情を知らない人も多いですね。

タケイさんみなさん、こんな状況だからこそ、それぞれに「自分の責任」も考えてみませんか?
H2 |  2011.03.27(日) 13:30 | URL |  【編集】

初めまして

同感です‥。私のブログで【ほうれん草で100レシピ!がんばれ茨城】という企画を開催してます。私と、他のブロガーさんで美味しいほうれん草で100レシピ作って、風評被害を少しでも無くしたいという企画です。このままだと日本の自給率が下がってしまうのが不安です。もし宜しかったらブログ覗いてください!http://ameblo.jp/vegegeek/
iina |  2011.03.27(日) 17:45 | URL |  【編集】

H2さん、こんばんは。

今回の出来事で今自分にできること。
計画停電や物のありがたさ、これらを経験して、
私を含めて皆さんが、今まで無駄に使っていた事がわかったのではないかと思います。

我が家も節電は行っています。物の買い方も改めました。
多少なりとも「責任」という意味で、国民の皆さんの考え方が変わっていると思います。

ニュースなどを見ていると、自分中心の人、思いやりを持つ人、はっきりと見えているような気がしています。

将来の農業、頑張ってください。
農業を始めてからのH2さんの意見も楽しみにしています。


yasai8313 |  2011.03.28(月) 00:37 | URL |  【編集】

iinaさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ブログ、拝見させて頂きました。

【ほうれん草で100レシピ!がんばれ茨城】という企画、素晴らしいと思います。

また、おじゃまさせて頂きます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

yasai8313 |  2011.03.28(月) 00:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/1820-3ee9d3c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |