07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.02.06 (Sun)

すみません、手が回らないもので…

信念なのかもしれません。

カテゴリー「農家のひとり言」です。
あくまでも「ひとり言」ですので。

近所に春オープンのスーパーが完成します。
そこの青果担当の方から
「顔の見える野菜コーナーを設置するのですが、是非、野菜を卸して頂けませんか?」
と連絡が入りました。

「すいません、今忙しくて手が回らないのです……」 と私。

こういう話はよくあることなのですが、全てお断りしています。

実際に忙しいのですが、他にもいくつか理由があります。

スーパーの顔の見える野菜コーナー。
確かに、市場を通しての野菜よりは鮮度が良いと思いますので、
私も買うことがあります。
しかし、仮に私の顔写真が販売コーナーに飾ってあったとしても、
買うお客さんは私を知らないわけですし、実際に私は誰が買ってくれたかわかりません。
私から言わせると、スーパーの戦略の一つです。

現在、田園調布で月に一度開催しているマルシェ以外では、お客さんの前で野菜を販売することもありません。
今の世の中、直売所は農家にとって野菜を販売する重要な場所でもあり、
生産者とお客さんをつなぐとても良い販売方法だと思っていますが、
私の中では???と首をひねってしまうのです。

いくら美味しい野菜、珍しい野菜を作っても、それは私が目に止まるのではなく、
注目されるのは、あくまでも直売所です。

「直売所の歯車にはなりたくない!」 

これが私の考えです。

※ マルシェでは、私がお客さんに説明をしたり試食をしてもらったりしています。
これぞ、顔の見える野菜ではないでしょうか。
(説明しないと売れない特殊な野菜という理由もあるのですが…)
実際に、マルシェで出会ったお客様から野菜セットのご注文も頂いているのです。


直売所で売れる野菜を作るのも農業。
しかし、せっかくなら作りたい野菜を作る農業をしたい。
作りたい野菜は、一般に受け入れられない野菜が多いので直売所では売れません。
その為、自ら販売先を見つけているのです。
(実際は、どこからともなく連絡が入ってくるのですが)

私の野菜、ネット注文、田園調布でのマルシェ以外に一般の方が買う事はできません。
食べることができる他の方法は、
野菜をお届けしている飲食店、
野菜をお届けしている料理教室。

ごく一部の方限定ですが、それも一つの付加価値だと思っています。


ということで、スーパーの皆様、申し訳ございません。


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



販売方法、模索すればいろいろ見つかるという事です。
千葉のちっぽけな農家が出来ているのですから。





テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:56  |  農家のひとり言  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/1776-a93f71f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。