FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2010.07.28 (Wed)

伍号車出動!

出動デキズ…

いつもと同じ朝を迎え、気合いを入れて軽に乗り込むと、

「カチッ…」

「あれ?」

「カチッ…」

「バッテリーがあがってる…

押しがけを試みるもダメ。

※ 押しがけ
マニュアル車は、バッテリーが上がってしまった場合、
エンジンを始動させる手段として押しがけという方法がありあます。
イグニッションキーをONの位置にして、人力で車を押して10キロくらいの速度まで加速させます。
ギアは2速に入れ、クラッチを繋ぐとエンジンがかかります。


ここにも一人農業の厳しさが出てきました。
庭はゆるやかな坂道になっていますので、車を押しながら飛び乗り、押しがけをしてみましたが失敗…

夏場の暑い時期は、比較的気温が低い、朝一番に葉物野菜を収穫しています。
暑くなってしまうと、すぐにしおれてしまい、回復しない場合もあるからです。
1日の必要数の葉物を計算し、朝、一気に収穫し、チェックをしたら、梱包までは冷蔵庫に入れておくのです。

そういう理由で、バッテリーを充電している時間はありません。


沈黙状態の壱号車
100728_133814.jpg

壱号車は、軽のワンボックスです。
軽トラと違い、日差しを防いでくれるため、野菜の消耗に一役かってくれています。

私が弐号車と呼んでいる軽トラは、朝から父が乗って出かけてしまっています。

弐号車
100728_133916.jpg

仕方がありません、農道に入って行けず、小回りのきかない参号車を使うしかありません。

参号車
100728_133902.jpg

参号車のキーが見つかりません。
父に電話してみると、持って出かけてしまったようです…

だからと言って、泥だらけになってしまうので四号車は使えません。

四号車
100728_133952.jpg

最悪です。
早く畑に行かねば!


最後の手段、究極の秘密兵器、伍号車を使う事にしました。


続きからご覧ください。







【More・・・】



伍号車の出番!

100728_134750.jpg

前後にカゴが付いているママチャリです。

収穫用のカゴを持参し、いざ畑へ!!

葉物野菜を収穫してから、バッテリーの充電です。

100728_133829.jpg

バッテリーの充電が完了し、改めて壱号車に乗って出かけました。

いつもは普通に動いてくれている壱号車。
畑に向かいながら、この車のことを思い出していました。

95年にオオクワガタにはまっていた頃、中央道を飛ばして山梨まで行ったこともありました。

「95年? この車、いつから乗っているんだ? これ何年式?」

平成5年式でした。

かれこれ、17年も乗っています。

よく乗ったな…

昔、車業界にいた頃、自家用車は車検を取った事がなく、最短で半年で乗り換えたこともあった私。
足代わりの軽が、未だに現役で活躍しています。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



今年車検なのです。
買い替えたいけど、お金がありません…



テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:01  |  農作業の相棒  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

押しがけ

押しがけ…。そういえば大昔、北海道の貧乏酪農農場で働いていたときのこと。バッテリーがあがったトラクターをいつも坂道に停めておいて、動かすときは坂道を転がしながらエンジンを始動していたことを思い出しました。もちちろん無免許。むちゃくちゃな時代でした…

一日、楽しみにしています。
兼業主婦 |  2010.07.29(木) 20:11 | URL |  【編集】

兼業主婦さん、こんばんは。

最近はオートマ車が多く、押しがけも見なくなりました。

1日、着々と準備が進んでおります。
当日、どうぞよろしくお願い致します。
yasai8313 |  2010.07.31(土) 00:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/1577-7c984c74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |