FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2006.12.09 (Sat)

じゃがいもの「芽」のお話

じゃがいもの「芽」には毒があります。

皆さんご存知の通り、じゃがいもの「芽」には毒があります。
これは、ソラニンというアルカノイドが入っているためで、ソラニンは、人間の消火器や神経系に異常を起こす毒質物質です。

少し怖い話をしてしまいましたが、ご安心下さい。

「芽」だけ取り除いてしまえば、あとは食べても問題はありません。
そして、多少食べた程度で影響がでることはありません。

「芽」が出ないじゃがいも

じゃがいもには、休眠期間があります。収穫後、2ヶ月~3ヶ月の一定期間は、休眠期間があり、芽が出ません。

収穫後のこの期間に食べてしまえば、芽は出ていないはずです。
但し、休眠期間が明けると芽が出てきます。
これを防ぐために、低温で貯蔵するのですが、これにも限度があります。

これを抑えるためにある処理がされています。

その処理とは「放射線照射」です。

「放射線照射」は微量な放射線を照射することにより、
食品の鮮度を落とすことなく、食品を殺菌したり、発芽抑制することができます。もちろん、健康に害を与えることはありません。
これにより、ジャガイモの発芽を室温で8ヶ月ほど防止できることになります。

新じゃが以外のじゃがいもは、収穫後、貯蔵していたじゃがいもの可能性が高いのでほぼ「放射線照射」が行われたと考えてよいと思います。

余談ですが、私がお届けしているお弁当屋さんから、じゃがいもの注文が入り、「貯蔵したジャガイモであればお届けできます」と返事をしたところ、「それでかまいません」とのこと。
芽が出ているじゃがいもをお届けしたところ、翌週、調理場の方から「芽があって仕込みが大変」とのコメント。

説明をしたのですが、「お届けしたじゃがいも」は、今まで普通のじゃがいもを使っていた方からみると「面倒なじゃがいも」になってしまいました。
それっきり、じゃがいもは注文がきていません。

それでは、「放射線放射」をしていない「じゃがいもの芽」の成長を抑える方法です。

【More・・・】

秘密はリンゴ

じゃがいもと一緒にリンゴを置いておくと芽がでません。
リンゴから発生するエチレンガスによるものですが、その正体は、果物から出る甘い香りです。
果物ならみんな出しているのですが、リンゴが特に強いのです。

リンゴ1個が出すエチレンガスで約10キロのジャガイモの芽の成長を抑えられます。

ポイントは、休眠期間を過ぎてからリンゴと一緒にすることです。
休眠中にリンゴと一緒にすると、芽の成長が促進されてしまいます。

新じゃがを大量に購入された場合、この方法を是非お試し下さい。
そして、できることならば、収穫した日を聞いてみると良いかと思います。
23:29  |  なるほど!野菜雑学 -野菜のお話-  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

ジャガイモの発芽予防に某国では(日本で一番ジャガイモ類の輸入量の多い国)ベトナム戦争で有名な枯葉剤を使用しているようです。強力な作用で自身を守る為発芽しないそうです。某国産(アメリカ)アスパラにも大変疑惑を持っておりますが・・・使用していないとの回答ですが・・・・アメリカ産アスパラを置いておいても成長しないのはなぜでしょうか??? 輸入生成食品には本当に注意する必要が在ると思う今日この頃です。
ケロケロ |  2006.12.11(月) 23:32 | URL |  【編集】

野菜は国産にしましょう。
値段は少し高いかもしれませんが、枯葉剤は怖いです。
yasai8313 |  2006.12.12(火) 15:25 | URL |  【編集】

はじめまして。
あやめ雪を買ったので、どうやって食べたらいいか検索してたどりついた者です。

yasai8313のじゃが芋も照射しているのですか?
日本では士幌が有名ですが、他の地域でも、もう当然のことなのでしょうか?
こぎん |  2006.12.16(土) 15:19 | URL |  【編集】

こぎんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

あやめ雪ですが、皮をむくときれいな色が活かされませんので
皮ごと食することをおすすめします。
我が家では、スライスしてサラダに加えたり、漬物です。

また、じゃがいもの照射の件ですが、私のじゃがいもは照射はしておりません。
お客様にお届けするじゃがいもは、発送する日に収穫しておりましす。
一般的に市場やJAを通す場合は、当然のことではないでしょうか。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
yasai8313 |  2006.12.16(土) 20:50 | URL |  【編集】

お返事、ありがとうございます。
yasai8313さんのじゃが芋は照射されていないので安心ですね。

でも、一方で、日本でそれがもうスタンダードになっているというのに驚きです。

今まで、JA士幌だけかと思っていましたが・・・
産地表示は都道府県なので、士幌も別の産地も北海道産でいいようですね。
それだと何をどう選んだらいいか・・・、お店で北海道のどこ産か聞くときもありました。
私は自分が丹精込めて作った農作物を芽止めで照射するような農家の芋は食べたくないので、士幌アレルギー(>_<)
絶対に買いません。と思っても、分からないウチに食べていることもある可能性が高くなったってことですね。
照射じゃが芋、その他の物にも表示義務がほしいです。

あやめちゃんは、塩もみと甘酢漬けと2種類で食べました。
もう少し、色が出て、赤くなるかと思ったのですが、
あまり色は出ませんでした。

こぎん |  2006.12.17(日) 18:39 | URL |  【編集】

安全な野菜を探すのは難しい問題だと思います。
ただ、こぎんさんのように、常に頭のなかに「安全性」「危険な野菜」などの言葉が入っているだけでも、すばらしいことだと思います。

我が畑の「あやめ雪」。只今、順調に生育中です。

今、貴重な「あやめ雪」の種、販売元の種メーカーの春まき用のカタログから消えています。捜し求めてゲットできで良かったとつくづく思っています。

今度、入手する機会がございましたら、生でスライスしてサラダでお召し上がり下さい。
yasai8313 |  2006.12.18(月) 15:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/136-2c7ce417

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |