FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2009.05.23 (Sat)

空豆マヨネーズ

空豆とパンチェッタ

マヨネーズに空豆を加えてみました。

RIMG0605_convert_20090523022850.jpg

材料

空豆 50g
卵黄 1個
酢 小さじ1
サラダ油 150ml
塩 少々
コショウ 少々


作り方

① 空豆を5分ほど茹でます。茹であがった空豆の薄皮を取り除き、中の豆だけをつぶしておきます。
  しっかりと、水気を切っておきます。
  
② ミキサーに、空豆、酢、塩、コショウを入れ良く混ぜ合わせます。

③ ②にサラダ油を少しづつ加えてミキサーにかけます。
  初めは数滴加えて混ぜ合わし、その後、加える量を増やしていっても大丈夫です。
  この作業をゆっくりと何度も行います。
  すべてのサラダ油を入れ終わったら完成です。

普段は、ガラスの器に入れてかき混ぜているのですが、今回は空豆を加えましたので
ミキサーを使いました。
卵黄の黄色の濃さによって、出来あがりの色も変わると思います。

思った以上に緑色が出ませんでしたので、空豆をもう少し追加しても良いかもしれません。

味ですか?  とてもおいしいです。


この空豆マヨネーズを使った1品はこちらです。

RIMG0615_convert_20090523022951.jpg

30秒茹でて縦割りにした空豆をパンチェッタで巻いてみました。
たっぷりと空豆マヨネーズを付けて食べます。


旬の空豆、いろいろとアレンジしてみると楽しいです。



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング




テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

02:56  |  超簡単!!絶品レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

空豆の香りを楽しむ事の出来るマヨネーズなのでしょうか?ちょっと想像がつきません。これは作ってみるしかないかっ?!その前に空豆を手に入れなくては。。。
可愛いブランケットに包まれた空豆、食べるのが勿体なくなってしまうくらい可愛いですねぇ~。でも、目の前に置かれたら、迷う事なく食べちゃうと思います。
オリーブ |  2009.05.23(土) 11:03 | URL |  【編集】

空豆にパンチェッタまいたの美味しそう!!!
パンチェッタを焼いて香ばしくした方がいいかな。個人的な好みですが。
熱々おいしいと思います。今度、ためしてみます。
Nabemurasaki |  2009.05.23(土) 20:36 | URL |  【編集】

オリーブさん、こんばんは。

シンプルな空豆の食べ方に飽きてきていますので
少しアレンジしてみました。

もう少し空豆の量を増やした方がおいしくなると思います。
空豆を入手したら、是非、お試しください。

でも、鮮度が良いものはシンプルに食べた方がよろしいですね。
yasai8313 |  2009.05.24(日) 02:51 | URL |  【編集】

Nabemurasakiさん、こんばんは。

パンチェッタの塩分がほどよい味付けとなりなかなかの味です。
焼いて、香ばしさを付けるのはいいアイディアですね。
yasai8313 |  2009.05.24(日) 02:52 | URL |  【編集】

こんにちは。
ソラマメマヨネーズとは! 意表をつかれました。
いろんな楽しみ方がありますね。
↓はうちのソラマメとミントのスープです。
http://blog.kochan.com/archives/51637442.html
Kochan |  2009.05.24(日) 16:07 | URL |  【編集】

Kochanさん、こんばんは。

空豆とミントの組み合わせ。さすがです。
全然思いつきませんでした。

いつもながらあっぱれです。
yasai8313 |  2009.05.24(日) 23:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/1128-eef14519

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |