FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.07.07 (Sun)

はりまざかマルシェ1周年

あっという間に1年!

それは突然始まりました。

2012年6月、熟成肉の中勢以の社長さんから
「野菜を販売して欲しい」との依頼を受けたのです。

「いつからですか?」

「できるだけ早く」

私1人ではどうにもなりませんので、千葉の魅力ある農家さんに声をかけ集まってもらいました。
既にレールが敷かれているわけでもなく、全くのゼロからのスタート。
「野菜が売れるかもわかりません」
「いつまで続くかもわかりません」
「一体どうなるかもわかりません」
という不安の中、

趣旨を理解し、「面白そう」と賛同してくれたメンバーが集まり、
2012年7月8日に第1回の「はりまざかマルシェ」がスタートしました。

過去のはりまざかマルシェの記事はこちらから⇒☆☆☆

1年続いた感謝の気持ちをお客様に伝えたくて、
2013年7月7日、スタートして1年後に出店してきました。

P1010282.jpg




1年間を振り返ってのメンバーの声はこんな感じです。

「先輩達の野菜や販売方法がとても勉強になる」

「はりまざかは全くの別物!すごい所」

「農家も野菜も売り方もレベルが高い!」


都内の大きなマルシェなどと違って、主催者がいて農家が集まるわけではありません。

その日の担当農家さんが、
その日は自分が主催者となって運営をするのです。

1人開催の時もあれば2人開催の時もあります。
そんな時は勉強のチャンス到来!

気付いたことは注意しあうこともありますし、
野菜に感激を受けることもあります。

売上げや集客率、その他気付いたことなどは、
全員が共有できる仕組みを作ってありますので、
次回出店する人は、前回の内容を知ることができます。

月に一度ミーティングで顔を合わせる以外は、
滅多にフルメンバーがそろうこともありません。

顔を合わせた時にみんなが口をそろえて言う事、

「はりまざかのプレッシャーはきつい!」

前回の売上げに対して、圧倒的な差を付けられてしまうのも悔しいので、
ある意味、いいライバル関係となって出店者は全力で臨んでいます。

出店が終わった日は、これもみんなが口をそろえて言うのですが、

「燃え尽きた……」「クタクタ…」

そんなことを1年やってきたのですから、
それぞれの実力がアップしているのは間違いありません。

全くのゼロから始まった「はりまざかマルシェ」ですが、
7月16日発売の『BRUTUS』759号に少し紹介されます。


2年目に突入するわけですが、
さらにクォリティーの高い野菜をお届けできるようにしていきたいと考えていますので、
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



1年間ありがとうございました。
そして、2年目もよろしくお願い致します





スポンサーサイト



テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

22:16  |  はりまざかマルシェ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |