FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011.03.23 (Wed)

鹿野農水大臣に物申す!

最近、こんな記事ばかりですみません。

風評被害が広がる中、どうしても言いたいのでご勘弁ください。

3月23日の読売新聞より

風評被害の補償は白紙   鹿野農相

 農産物から放射性物質が検出された問題で、鹿野農相は22日、記者団に対し、農業団体などが風評被害への補償も求めていることについて「まずは実態を把握し、どうするかはその後のこと」と、現時点で白紙であることを強調した。
 鹿野農相は「今、明確に言えるのは、出荷停止となった補償はきちんとやること」と、政府が出荷を控えるように指示したものについては全額補償するとの方針を改めて示した。


問題と思ったのは、「今、明確に言えるのは、出荷停止となった補償はきちんとやること」というコメント。

素直に捉えれば問題がないように聞こえますが、実際は大問題だと思うのです。

同じ日の読売新聞には、

22日朝の大田市場の競りでも、スーパーなどの小売店が、基準値を超えていない茨城県産チンゲンサイを敬遠し、普段は1箱(2キロ)700~800円が100円程度に値崩れしたという。

という記事がありました。

出荷停止となっていない野菜も被害を受けているわけで、それを生産した農家は補償されないということになってしまいます。

さらに、市場へ出荷している農家ばかりではなく、直売所や私のように野菜セットを直接発送している農家もいることを忘れないで頂きたいものです。


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング


何も知らないい野菜は、日々成長しているのです。

紅菜苔
RIMG4665.jpg

RIMG4664.jpg



スポンサーサイト



テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:55  |  農家のひとり言  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |