FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011.03.19 (Sat)

風評被害、知事に物申す!!

発言は慎重にお願いしたいです。

農家のひとり言です…
農家の一人として、発言がどうしても農家よりになってしまいます。
消費者の皆様には良い印象を与えないと思いますが
あくまでも農家の一人としての個人の意見です。

いつかは起こると思っていましたが、本日「茨城県のほうれん草」のニュースが流れました。

「茨城県のほうれん草と福島県の牛乳の一部で食品衛生法の暫定基準値を上回る放射線量を検出」

枝野官房長官の説明。

検出された放射性物質濃度の牛乳を1年間とり続けた場合の被曝(ひばく)量はCTスキャン1回分程度、ホウレンソウはCTスキャン1回分の5分の1程度、と説明。「ただちに健康に影響を及ぼす数値ではないということを十分ご理解いただき、冷静な対応をお願いしたい」


「健康に影響を及ぼす数値ではない」ということですが、
この発表を聞いた消費者の皆さんが茨城県のほうれん草を買うでしょうか?

さらに、茨城県の野菜を買うでしょうか?

千葉県の隣りの茨城県は、JAも農業に力を入れていて、野菜大国です。

その茨城県の知事の発言。

これを聞いた時、「アホか!!」と思いました。

知事の発言は、

「ほうれん草は露地栽培のものは少なく、ほとんどがハウス栽培なので追加の検査をして、その結果を見て最終的に判断をしたい。事故が収まってほしい」

私の畑もそうなのですが、露地栽培で野菜を作っている農家は、ハウス栽培の農家よりも圧倒的に多いと思います。

知事の発言。言いかえれば、「露地栽培の野菜は気をつけましょう。」と聞こえてしまいます。

結局、知事なんて農業について何も知らない。
農家の気持ちもわからない。

知事の発言は、茨城県の農家にとって何の得になっていないような気がしています。

昨年千葉テレビに出演した時、森田千葉県知事と話しました。
森田知事は、自分で野菜を作っているのですが、
その事についていろいろと伺ったのです。
茨城県知事よりは千葉県知事の方が農家について、農業については、慎重な発言をするような気がしています。

そして、何か起きると毎回そうなのですが、
すぐに風評被害につながってしまいます。

鳥インフルエンザや狂牛病、どれだけの農家が大変なことになったことか!!

事実を伝える事はもちろん大事な事です。
しかし!
伝え方ひとつで受け取る側の影響は大きく変わってしまいます。


影響力のある人たちの発言、
もっと慎重に行ってもらいたいと思います。


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング



このニュースを見た時、怒りを感じたのは私だけでしょうか。
あくまでも、農家の一人としての意見ですが、
「発言は慎重に行ってもらいたい」と思います。





スポンサーサイト



テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:09  |  農家のひとり言  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)
 | HOME |