FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2008.12.03 (Wed)

赤いチンゲンサイ「ニイハオ・フォン」

赤チンゲンサイ参上!

10月の初めに手に入れた「赤いチンゲンサイ」の種。
品種名を「ニイハオ・フォン」といいます。

その後、種まきをしてようやくチンゲンサイらしくなってまいりました。

P1030069_convert_20081203223256.jpg

レッドマスタードのような色合いです。

P1030070_convert_20081203223525.jpg

葉の裏の葉脈も赤紫色に色づいています。

このチンゲンサイ、ミニサイズでの収穫がベストのようで、
説明によると、
「きれいな赤色を生かすには、ベビーリーフがおすすめです。」 との事。

ベビーリーフということは、生で食べるのでしょうか?
やっぱり加熱すると色が緑になってしまうのでしょうか?

まだ味見はまだですのでわからないことだらけなのです。

初めて作る野菜は、このわからないことが楽しみの一つでもあります。

もう少ししましたら、収穫してその後をご報告させて頂きます。


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング






テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:00  |  農作業日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2008.12.02 (Tue)

「トウガラシ」を見かけたら

野菜売り場を注意してご覧ください!

我が家の必需品として「トウガラシ」鷹の爪があります。
パスタはもちろんのこと、辛いもの好きの私としては、麻婆豆腐や鍋ものなどよく使うのです。

スーパーなどの調味料コーナーなどで販売されている「トウガラシ」の袋の裏をよく見ると、
意外にも国産品が少ないのをご存じでしょうか?
国産品も少なからず販売されてはいますが、圧倒的に原産国が中国なのです。

今までにも、いろいろと話題になっている中国産を敬遠される方は多いのではないでしょうか?
もちろん、私はパスしています。

今の時期、スーパーによっては、今年収穫し乾燥されたトウガラシが販売されていることがあります。
「農家の顔が見えるコーナー」であったり、冬に向けて白菜の漬物作りのため、白菜の近くに置いてあったり。

「トウガラシ」を利用する機会が多い方は、今が買い時期です。
密封容器に乾燥剤を入れると長期保存が可能ですので、
国産の「トウガラシ」を選びたい方は、野菜売り場を探してみてください!



ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング


テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:46  |  ザ・スーパー  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2008.12.01 (Mon)

トマトのソテー 温野菜を添えて

ソテーしました。

買って失敗したトマト、ソテーにして食べました。
付け合わせは、温野菜。小さなサイズの間引き菜を使っています。

P1030062_convert_20081202082331.jpg

トマトは少し厚めにスライスし、小麦粉をつけてからオリーブオイルで両面を焼いてあります。

付け合わせの野菜は、
間引いたカブ、人参、小さめのアンデスレッド(じゃがいも)、小さめのブロッコリー、アイスプラント。
アイスプラント以外、食感が残るようにサッと火を通しました。
アンデスレッドは、赤いじゃがいもとわかるように、皮を少しつけたまま使っています。

これらの付け合わせ野菜は、オリーブオイルと塩で食べます。

ソースは、ニンニクとアンチョビをみじん切りにしてからオリーブオイルで炒めたものです。

温野菜をオリーブオイルと塩で食べるのは、野菜を届けているお店から教えてもらったもので、
野菜の味が引き立ち、とてもおいしくなりますので、是非お試しください。

トマトは加熱することによって、生とは違ったおいしさとなりますので
失敗したトマトも生まれ変わりました。


ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
                                  
     ビジネスブログランキング









テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

23:24  |  超簡単!!絶品レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
PREV  | HOME |