FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2007.07.13 (Fri)

台風対策

台風4号

大型の台風が近づいています。

沖縄や九州では大きな被害を受け、農作物も深刻な状況だそうです。

ここ千葉に近づくのは明後日15日の予定、念の為、夕方から畑の台風対策です。
過去を振り返ってみると、台風対策をして実際に台風がやってきたのは3回に1回の割合で、残り2回は台風は弱まり、普通の雨というケースでした。
ここで、対策を行うかどうするかの判断が必要となり、何度も天気予報を見て決断することになります。

実際に畑の台風対策をするとなると、時間はかかるし、正直、やっかいな仕事です。本当に面倒くさいのです。
しかし、台風により作物の被害を最小限に食い止めるため必要不可欠な作業でもあり、やるかやらないかで後々の野菜達に影響が出てきます。

迷った末、対策を実施しました。後々、自分を苦しめたくありませんので。

200707131600000.jpg

200707131601000.jpg

ネギはネットをかぶせ、網目にネギが入るようにし、ピンと張ったネットの端を地面に固定します。
ただこれだけなのですが、ネットの網目に入ったネギが強風でも折れなくて済みます。

200707131601001.jpg

トマトはこんな感じです。
風で実が落ちないようにタフベル(ネットのような農作業資材)で囲みます。
普通の風であっても、枝に実が触れ傷がつきます。この作業の際にも、実が枝に触れているのですが、全滅するよりは良いと思い、対策実施です。

200707131602000.jpg

ナスもタフベルで覆いました。ナスもトマト同様、風で枝に実が触れ傷つきやすい野菜です。これも、実が落ちるのと枝が折れるのを防ぐ為、実施です。

その他、とうもろこしなどは、パイプで固定しました。

台風対策が終了し、近所の畑を見て回ると、対策をしている畑はほとんどありません。
「あれ?」
少し、早く判断し過ぎたか、心配性なのか・・・

対策をしても、台風という自然には勝ち目はありませんので、気休めかもしれません。万が一の時、「あの時対策をとっていれば」と後悔したくありませんので、私の微力の抵抗です。

あとは、台風次第ということになります。

スポンサーサイト



23:00  |  農作業日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.07.13 (Fri)

ペスカトーレがおいしい!

ペスカトーレ最高!
[秘伝のトマトソースフレッシュバージョン]を使ってのペスカトーレのおいしさに参っています。自分でいうのも何なのですが、美味しくて美味しくて。

KIF_3178.jpg


買い物に行き、おいしそうな魚介類を物色するのが最近の楽しみでもあ
ります。
本日は、赤えび、あさり、スルメいかの3品です。

材料(二人分)
 秘伝のトマトソース 適量
 塩 適量
 コショウ 適量
 ニンニク 1かけ
 鷹のつめ 1かけ
 イタリアンパセリ 適量
 赤えび 4~5尾
 新鮮なスルメイカ 1杯
 アサリ 適量
 オリーブオイル 大さじ2
 白ワイン カップ1/2
 パスタ160g

① にんにくはみじん切りにします。鷹のつめは種を取り除き、手でちぎります。イタリアンパセリも同様に手でちぎります。
  赤えびは頭と切り離し、胴体を縦半分に切り、背わたを取り除きます。
  アサリは砂抜きをし、スルメイカは食べやすい輪切りにします。足も使います。

② フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹のつめをを入れ、にんにくに若干色がつくまで、
  弱火で炒め、赤えび、あさりを入れ、白ワインを加えてふたをして蒸し焼きにします。

③ パスタをたっぷりの塩を加えてゆでます

④ ②のあさりが口を開いたら、トマトソースを加え、よ~くからめます

⑤ 茹で上がったパスタ、イカを④に加え、塩、コショウで味を整えて、飾り付けにイタリアンパセリを散らして完成です。

パスタの茹ですぎに注意することと、イカを最後に加えるのがポイントです。
新鮮なイカは、刺身でも食べれますので、あまり火を通さないほうが固くならなくておいしいです。

畑の調理用トマトも赤く色づいてきました。完熟するまで我慢ですが、もうすぐ、心待ちにしていた調理用トマトで「秘伝のトマトソース」が作れそうです。
00:37  |  超簡単!!絶品レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |