FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2006.09.07 (Thu)

オクラのお話

夏の健康野菜、オクラ!

オクラは、アオイ科トロロアオイ属に分類される植物です。高さが50cm位から収穫できるようになり、畑のオクラは現在2mを超える高さとなっています。

原産地はアフリカ北東部で、熱帯から温帯で栽培されています。
アフリカが原産といわれるだけあり、日本では、夏の暑い時期の野菜で、沖縄などで栽培されている「島オクラ」が有名です。

KIF_1816.jpg


畑のオクラです。となりに「オクラの花」が咲いています。
花もクリーム色をしてきれいな花で、以外と鑑賞にもむいています。

KIF_1819.jpg


赤オクラ。「レッドサン」という沖縄のオクラです。鮮やかな赤をしていますが、火を通すと赤が消え、緑になります。色を生かしての生食がおすすめです。

オクラのネバネバ

オクラはネバネバ野菜の代表ですが、この「ネバネバ」、好き嫌いが分かれるところです。最近では、この「ネバネバ」健康に良いとされ人気も出てきています。

特徴のネバネバの元には、ペクチン、ムチンなどの成分があり、ペクチンは、血糖値の上昇を抑え、整腸作用もあり、糖尿病の予防や便秘の改善に効果があります。

ムチンは、たんぱく質の吸収を助け、コレステロールの吸収を抑えてくれます。

その他にも、カルシウム、鉄、ビタミンA、Cなど多くの栄養素を含まれていて、夏バテ解消には最高の野菜です。

オクラの選び方

全てに言える事ですが「新鮮」なものを選びましょう。ほうれん草などと違い、大量に売れる野菜ではありませんので、お店での在庫の回転率が悪い野菜の一つかもしれません。
緑色が濃く、鮮やかなもの、切り口が新しく表面がうぶ毛でびっしり覆われているものがおすすめです。


オクラの調理法

あらかじめ、表面のうぶ毛を取り除くことで、食感が良くなります。水洗いしてから、塩をまぶし、指でこすると簡単にうぶ毛が取り除けます。
また、細かく刻むほどネバネバが増しますので、料理に合わせて切り方を変えるのもポイントです。

定番としては、天ぷら、和え物、煮物、炒めものです。
納豆がお好きな方は、めかぶも加えて「三つのネバネバ和え物」がおすすめです。
また、我が家では、パスタやサラダにも使用しております。

なかなか積極的に購入する野菜ではないかもしれませんが、栄養面においてもかなりの効果を発揮しますので、夏の疲れを解消するために、一度、お試し下さい。





23:55  |  なるほど!野菜雑学 -野菜のお話-  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |