FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.02.25 (Mon)

チェーンポットで100倍効率アップ!

コーティングされていない種は大変です。

「リーキ」。
「ポロネギ」とか「西洋ネギ」と呼ばれています。

只今、空いた時間を利用して種まきをしています。

後々の植え付け作業の効率化を考えて「チェーンポット」という紙製の育苗資材に種をまきます。
「チェーンポット」を使うことによって、従来の育苗トレイで苗を育てるよりも、
後々の植え付け作業が100倍速くなり100倍体への負担が軽くなります。

52712990_2081992138561957_2822306538725572608_n.jpg

本来、コーティングされた種を使うことによって「チェーンポット」の威力が発揮されるのですが、残念なことに僕が選んだ「リーキ」の種がフランス製のもので、種がコーティングされておらず、一粒一粒気の遠くなるような種まき作業をします。

52655884_2081991488562022_7518880683087888384_n.jpg

ここで活躍するのは、ピンセットと爪楊枝です。

培養土は市販のネギ用、蒔いた種の上にかける土は、専用の覆土材を使い苗の生育が成功する確率をアップします。

52638788_2081992171895287_3166937867062607872_n.jpg    53461682_2081992191895285_4138676872072396800_n.jpg

52880676_2081992115228626_7009797930320134144_n.jpg

最終的に10000粒の種を一粒ずつ巻く予定で、
現在7920粒終了しました。



スポンサーサイト



テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

16:21  |  第2章 リーキの種まき  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |