FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2009.07.11 (Sat)

インゲンに注目!

「OUT OF GANCYU」

先日、地元で有名な「きれいのたね」さんに野菜を届けました。
「きれいのたね」さんのHPはこちらから→☆

毎日のようにいろいろな講座を開催していて、今では地元では有名なオーガニックサロン。

その講座の中で、「オーガニック・ベジ講座」というのがありまして、そこで野菜を使って頂きました。
お届けした野菜は、ブログで紹介して頂いています。
是非、ご覧ください。

きれいのたねさんのブログ「オーガニック・ベジ講座」

それから数日後、別件の打ち合わせのため、再び「きれいのたね」さんを訪問。

その時の話で、

スタッフの方から
「全ての野菜がおいしかったのですが、あのインゲンには驚きました。インゲンがあんなにおいしいとは思わなかったのです。スーパーに行っても目にもとまらない野菜でした…」

このお話を聞いて、「確かに興味のない野菜ってたくさんあるよな。」

「OUT OF 眼中!」 気にもしない野菜達って存在します。

私の率直な感想です。

インゲン、思えばおいしいと思ったのは最近のこと。
いろいろな品種のインゲンを作ってきて、味がおいしい今の品種にたどり着きました。

インゲンの料理を思い浮かべると、
胡麻和え、マヨネーズ和え、他の食材との炒め物。そして定番、料理の付け合わせ。

どちらかというと、料理の脇役に徹しているような気がします。

さらに、「いんげんレシピ」というキーワードでネットで検索しても、上記のような料理ばかり。

料理は良いとしても、その画像を見て、「なぜ縦割りにしない?」と思いました。

インゲンって縦割りにするととても美しいのです。

RIMG1015_convert_20090711000705.jpg

RIMG1010_convert_20090711003936.jpg

普通のインゲンはこんな感じです。

RIMG1018_convert_20090711000742.jpg


炒めてオリーブオイルとブラックペッパーが好きなのですが、
本日は塩のみで食べました。

シンプルな味付けは野菜の味を引き立てます。
茹で時間は1分。

宅配のお客様、セットの中にインゲンが入っていましたら
是非、シンプルな味付けでお楽しみください。

ブログランキングに参加しています。皆様のワンクリックの応援を励みにしております。
どうぞよろしくお願い致します。    


                                
     ビジネスブログランキング




注…インゲンの味は品種により大きく違いますのでご了承ください。

テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

00:53  |  農家のひとり言  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

うちにも送って~~~!
ナカニシ |  2009.07.11(土) 09:50 | URL |  【編集】

(多分,yasai8313さん同様?)お豆デビューが遅かった私なのですが,色々な種類を試していくうちに美味しさを発見してしまうアクシデントが沢山あります。国が変われば食べ物も変わり,スーパーに並べられているお野菜たちも変わります。さすがに自分から手を出す事はなく、周囲の人から評判やレシピを貰って、やっと手を出す次第。。。まだまだOUT OF 眼中なお野菜は山のようにあるんですけど,これからコツコツ幅を広げていこうと努力中。美味しさを知ると得した気分になります。
オリーブ |  2009.07.11(土) 11:13 | URL |  【編集】

ナカニシくん、少し待ってて下さい。
今予約待ちでパンク状態です…
yasai8313 |  2009.07.12(日) 01:06 | URL |  【編集】

オリーブさん、こんばんは。

本当ですね。 
野菜だけでなく、OUT OF 眼中の食材ってたくさんあります。
せっかくの人生、とりあえずいろいろ試してみなければもったいないですね。
yasai8313 |  2009.07.12(日) 01:08 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai8313.blog55.fc2.com/tb.php/1178-a2f151b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |